更年期に現われる症状|病気予防に良い!オメガエイドで健康体つくりをしよう
男性

更年期に現われる症状

薬とウーマン

仕組み

更年期障害とは更年期と呼ばれる40代から50代の女性に多く見られる症状です。閉経前後になると女性ホルモンの一種でもあるエストロゲンの分泌が急激に減少していきます。しかし脳からは分泌を促すように命令されるのです。その矛盾によって様々な弊害が生じます。更年期だけではなく若くてもダイエットや栄養不足で月経不順になりエストロゲンの分泌が減ることがあります。この時にも更年期障害の症状が現れるのです。若年性の更年期障害も増えていますから心当たりがあるならば生活習慣を見直すべきです。更年期障害は身体だけではなく精神面でも影響を及ぼします。時には精神疾患も併発するケースがありますから、治療を行う場合には医師の指示に従って行いましょう。

現れる症状

更年期障害の代表的な症状としては、ホットフラッシュや発汗、のぼせや火照りがあります。それ以外にも風邪のような症状が現れたり原因不明の全身疲労などが出やすいです。精神面では不安定になってしまい鬱状態になることもあるでしょう。摂食障害や睡眠障害も起こりやすいので気を付けなければなりません。薬を用いれば一時的に症状を緩和させることができます。薬物療法やホルモン療法が一般的ですが、症状によって治療方法が変わってきます。薬の種類によっては効果が高い分副作用が出るものもあります。医師の指示に従った方法で治療を進めましょう。また、更年期障害に効果のある漢方や民間の薬に関しては市販でも販売されているので、症状が軽い場合は試してみても良いかもしれません。